ダイアロスの歴史を知る会 非公式記録
毎週定例会を開催しています。
日時:火曜日・土曜日 23:00~24:00
場所:レクスール・ヒルズ城門南の小部屋(Master of Epic Pearlサーバー )
※興味のある方は募集CH「エルアン文明研究会」まで

モラが作ったもの

[元銃弾販売員Ctanaの日記]

日暮れが近いのか、アルビーズの森は暗さを増している。
オルヴァンたちの足音とスプリガンの甲高い声が霧の中から聞こえてきて、また霧の中を遠ざかっていく。遠くに見えている火は、スプリガンたちが集落で燃やしているたき火だ。彼らはテントを張り、テントの前でたき火を焚いている。
たき火の光を反射した霧が、そこだけぼんやりオレンジ色に浮かび上がって見えていた。

この森には、スプリガンの燃やしている火の他に、もう2つの火が燃えている。どちらもスプリガンの走り回る地帯にあるのだけど、燃やしているのはスプリガンではなく人だ。彼らはスプリガンたちが居る場所で、たき火を焚き、テントを張り、畑を作っている。

森の南東部にはランダルという名前の洞窟があって、そこにはフォレールギルドがある。
洞窟の入口には弓を持った見張りが居て、オルヴァンが洞窟に近づいてくると矢を射かけてあっという間に退治してしまう。だけど、彼らはスプリガンが来ても攻撃しない。オルヴァンは人の住む場所に近づけてはいけない獣、スプリガンはそうではない者。洞窟の入口を守っている人にとっては、きっとそういう認識なのだろう。

洞窟の中に居る人たちも、入ってきたスプリガンがうろついていても知らん顔だ。どうやら、この森に住む人にとってはスプリガンは危険な相手ではないらしい。
この妖精の名を持つ亜人は、やはり何か特別な存在なのだろうか。

 

「古代モラ族が残したものがいくつかあるわよね」
薄暗い森の中で、賢者さんの白いマントがぼんやり光っている。
魔力を上げるための装備品が、光を放っているせいだ。

「箱舟遺跡、古代遺跡、アルター、ですね」
私の姿は、黒いマントと黒い帽子のせいで闇に溶け込んでいる。

「アルターは、以前はもっとたくさんあったのかもしれないけど、今残っているのは5つ」
ぼんやり光りながら、賢者さんは話し始める。

「箱舟遺跡のアルターは、モラたちがこの島に来る前に作られた物だろうから除いているわ。モラがここに来てから作ったアルターという意味ね、5つというのは。
箱舟のを入れると6つになるし、ネヤの隠れ里にあるのを入れると7つに、私たちが最初に流れ着いた海岸で遠くに見えていたのも入れると8つになる。だけど、場所がわからないのでは考えようがないから、ネヤとあの海岸にあるのも除きましょう。ネヤもあの海岸も、どこにあるのか場所がわからないから。
場所がはっきりわかっている、モラがダイアロスに来てから作ったアルターは5つ残っている。これで合ってるわね?」

私は黙ってうなづく。

「その5つのアルターの中で、自由に行き来できるものは4つ。ビスク中央・ムトゥーム地下墓地・ヌブール村・ネオク山にある物。
もう1つのはちょっと変わっているわよね。エルビン山脈にある物は、箱舟遺跡にある物もそうなんだけど、一度そのアルターに乗らないとそこに行けるようにならない。

モラがそういう風にしているのだろうけど、出て行った者しか来ることができないようになっている。つまり、そこに居た者のためのアルターということね。誰にでも来てもらっては困るというわけ。

あなたにエルビン山脈まで来てもらって聞いたフェイさんの話では、サスールは古代モラ族に代わってノア・ストーンを管理していたのよね。エルビン山脈にノア・ストーンそのものがあったのかどうかはわからないけど、重要な場所だから来られなくしていたというのは普通に考えられることだわ。それは、箱舟遺跡にしても同じこと。ある意味、モラの本拠地でもあったんだもの、外から簡単には来られないようにしていて当然なのかもしれない。

さて、そこで、今残っているアルターの場所なんだけど、ネオク山のアルターはこの島の東の端にあって、ムトゥーム地下墓地は北の端にある。モラが最初に来て本拠地にしていた場所は西のエルビン渓谷。その西の端から島のあちこちへ移動しやすいように、東の端と北の端に、そして、中央部のビスクにアルターを作ったということなんだと思う。

もちろん、古代モラ族がアルターを作ったときには、ネオクの町もムトゥーム墓地もビスクの街もまだ無かっただろうから、何かがある場所に作ったわけではなくて、ただ島を移動するのに都合が良い地点にアルターを作ったというだけ。
この3か所にアルターがあれば、ダイアロス島を移動するためにはほぼ足りるはずなの。

箱舟遺跡のあるエルビン渓谷は古代モラ族の本拠地。エルビン山脈はモラからノア・ストーンの管理を任されたサスールの本拠地。この2つは特別な場所で、他所から簡単には来られないようになっている。
それ以外の場所として、今ビスクの街がある場所と、ムトゥーム地下墓地がある場所と、ネオクの町がある場所にアルターを建設して、島での移動手段にしていたということね。
エルビンからアルターなしで移動しようとすると、ネオクもムトゥームもすごく遠い。この2か所と真ん中のビスクにアルターを作る意味はすごくよくわかるの。

ただ、わからないのはヌブール村なのよ。あそこにアルターを作った意味がわからないの。
だって、ムトゥーム地下墓地の場所にアルターがあれば、ヌブール村に作る必要はないでしょう?移動手段としては足りているはずなんだもの。今ヌブール村に残っているアルターは、何か理由があってわざわざ作ったアルターだとしか考えられないのよ」

9月 12th, 2018 at 1:49 AM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink


身長計06

3枚目です。

これはいらないかもしれませんが・・・。

一応、この3枚を提出するつもりでいます。

9月 8th, 2018 at 4:56 PM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink


おまけ

[ウィッチブレード]

デザコンのイラストを考えているときに、勢いで作りました。

後悔はしていません。

9月 7th, 2018 at 8:21 PM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink


身長計05

少し変更しました。

火曜日に言ったように、エル研名義で投稿するつもりです。

気になる点がありましたら、意見をお願いします。

9月 7th, 2018 at 8:19 PM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink


MoE肝試し2018考察.txt

[カザヒシの中の人のメモ帳]

◆肝試し2018考察

※考察なので当然ながらしょっぱなからネタバレ全開で行くのでご了承ください。
※超個人的な考察です。独断と偏見が多分に含まれます。物好き向け。
※ここに書かれている内15%くらいが事実で、残りの85%くらいが妄想です。長いです。

» Continue Reading

9月 7th, 2018 at 7:50 PM | Comments & Trackbacks (2) | Permalink


「悟りの石・賢者の石の謎【後編】」

 

諸注意、この記事にはゲーム内にない料理が含まれています。

 

 

 

【deiKazeの宝箱】

 

某日、会合が終わり、私は充実感と共にジオベイ闘技場の高級レストランを訪れた。

頭を使ったあとは本当にお腹も空くし、喉も渇く。

 

テーブル代わりの樽の上にはラッシーと、

【特製カレーライス】~じっくりコトコトに混んだミーリム近海風シ~フ~ドカレーが並ぶ

場所はともかく、味がいいのかやたら高い、一食1500gとか600gとかかるのだが、
珍しく500gコースがあったので頼んでみた。
魔王ダコの足とアビスクラブのカニ足をふんだんに使い
かにみそを使ったコクのあるルーとマッチして良い味を出していた。
辛い、うまい、しばらくして皿の半分を平らげ、
ラッシーを飲んでさっぱりとした甘さに幸せを噛み締めつつ、今日一日を振り返る。

本当に内容が濃い充実した時間だった。私にとってはまだ持論さえも固まっていなかったし、
それでも、皆が色んな説やこういう考えは?って、話ができて本当に嬉しかった!

 

悟りの石と賢者の石の謎に関しては、食物連鎖や
賢者マン悟りマンが作っている説のほかにいくつかの話題もしくは疑問点が出た。

・賢者を持っているモンスターと悟りを持っているモンスターの違い
・同じモンスターでも持っているものと持っていないのは何故?
・また、元々持っていないものがいるのはなぜか?
・モンスターは体内に持っている石の力を使っているのか?
・一般人やギルド側といった売った私達の悟り賢者の行方、
・使えるのは私達だけなのか?
・私達だけ使えるならどうしてなのか?等、

私やウィッチさんの【食物連鎖】に限っては、動物系にしか当てはまらない
地下墓地をテリトリーとするデスナイトとかの召喚系、
下忍と行った人型や鉱石の中から出土するものには別の仮説がいることになる。
元々持っていないものなどもいるから、本当に謎が多い

とりあえず、同じ敵で賢者、または悟りを持ってるものと持っていないものが出る理由考えてみた。
例えば、エルビンの鹿、「エルク」強さはばらつきはないが、かなりの確率で悟りを持ってるとおもう。
だが稀に持ってないのもいるし、それはどうしてなのか?
もし、悟りの石の養分がエルクにあるとして、消えるのはなぜなのか?

「悟りの石の結晶化が中途半端な個体の場合、
倒された段階で力を失い体に解けてなくなる…?それなら…」

そう仮定するなら、持っていない個体が存在するのも納得も行く…

「次は賢者と悟りの持つモンスターの違い 強さの規模ってぐらいかな?
でも…強くても持ってるのと持ってないのがいるし…、現状じゃなんとも…」

そもそも、悟りの石や賢者の石に関しての記述も私は探せていないだけであるかもしれない。

「実際にもっと現地を冒険したり、賢者悟りの情報を探してみるのも楽しいかな、
強い敵でも今度誰かと行くのも良いよね、楽しみが増えた。
よし!街で情報をかき集めたり、修行したり調査も頑張るぞ!」

結局、謎は謎のままだけどもいつかわかるかもしれない、しばらく調査を進めてから、もう一回考えてみよう
私は残った料理を平らげて ラッシーを飲み干すとジオベイ闘技場のレストランを後にした。

 

【賢者マン悟りマンが作っている説】

もし、悟りや賢者を生物の誕生の瞬間から生成させ わざと私達に狩らせている何かが居たとしたら、

私達の力を制御した理由はなんなのだろうか?

今度はちょっと視点を変えて、食物連鎖関連を起点にあっちこっちを回って調べたい、

 

おまけ

deiKazeのパンドラ箱、謎の切れ端

新しいペットを闘技場に見に行った、体は大きくバナナが大好物

バナナだけでも強くなる、1000本単位もへっちゃらさ、

戦うところみてみたい、戦った。 後手に何かを投げた…

すごい衝撃とぬちゃ~とした感触+強烈な臭いと共に私は意識を失った。

その時の装備は土に埋めた。

地下墓地の水路に浸かること10日間、ミーリムの海水に浸かること20日

事情を話して美容師さんに念入りにシャンプーをしてもらい

こっそり温泉に入れてもらった。他の人が来る前に新しい温泉を掘ってもらった。

まだ大切ななにかが汚れているような気がする…。

 

 

9月 5th, 2018 at 10:27 PM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink


ついでに考えたロゴ2種(未完成)

この記事は将来的に削除される可能性があります。

9月 4th, 2018 at 10:31 PM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink


身長計04

この記事は将来的に削除される可能性があります。

とりあえずは、こんなイメージかな?

影をつけるつもりはありません。

よくわからないし。

9月 4th, 2018 at 8:18 PM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink


妖精の森

[元銃弾販売員Ctanaの日記]

アルビーズの森は、昼間でも薄暗い場所だ。
濃い霧と空が見えないほど生い茂った木にさえぎられて、陽の光もあまり届かない。

霧の中から現れて走り去っていく青い影はこの森に住むオルヴァンという竜族。青いウロコに包まれたこの竜族は、大きな後ろ足で走り回る。退化して小さくなった前脚は、脚というより羽根の名残のようだ。このオルヴァンたちには、昔は羽根があったのだろうか。

動き回る奇怪な巨木。ごそごそと這い寄ってくる草。人をひと飲みにしてしまえるほど巨大な花。この森には、危険で奇妙な生物が多い。

スプリガンというのは、この森に住む奇妙な生き物の1つで、森の西部に集落を作ってそこで暮らしている。人のような身体、老人のような顔。知能はあまり高そうではないけど、ちゃんと社会性を持っている亜人だ。手には木製のこん棒を持っていて、そのこん棒で殴りかかってくる。

どういうわけか、このスプリガンとオルヴァンは仲が良くないようで、森でこの2者が出会うと噛みついたり殴ったりの戦闘が始まる。今も、私と賢者さんが立っている大きな岩の下で、スプリガンたちとオルヴァンが喧嘩をしている。

 

「スプリガンというのは、妖精の名前なのよ」
霧の中で、賢者さんが話し始めた。

「古い遺跡がある場所に住んでいて、そこに埋められた財宝を守っていると言われているの。それから、そういう場所には妖精たちの国に入る入り口があると考えられていてね、その入り口を守る役目もしているらしいわ」

財宝と入り口? 
この森に、そんなものがあるんだろうか。この森には、遺跡らしき物もなかったように思う。

「もちろん、ここに居るスプリガンがそうなのかどうかはわからないわ。でも、スプリガンという名前の妖精は、そういう役目を持った妖精なの」
賢者さんの言いたいことがまだよくわからなくて、私はただ「なるほど」とだけ返事をした。

「この森は、少し他の場所とは違っているように思わない?」
と、賢者さん。

「ここほど生命が豊かな場所は、他にはないわ」
確かに。
ミーリムにもエルビンにもレクスールにもイルヴァーナにも、樹々はあるし動物も居る。だけど、この森ほどの密度ではない。この森の中に立っていると、まわりから生命の気配が押し寄せてくるのを感じる。

「私には、ここは、なにか特別な場所なのではないかと思えるのよ。他より豊かな生命に満ちているという以外にも、モラの村へ行くための通り道であり、墓地へ行くための通り道であるということもあるわ。ヌブール村にもムトゥーム墓地にも、ここを通り抜けないと行けないでしょう?」

私は、頭の中に地図を思い浮かべてみた。アルターを使わずに移動しようとするとそうなる。この森を通らないとモラ族の村には行けないし墓地へ行くこともできない。

「この森が偶然生命の豊かな場所で、偶然近くに大きな墓地があって、偶然すぐそばに迫害されたモラ族が住んでいる。そんなことってあるかしら?」
もちろん偶然かもしれない。でも、偶然にしてはできすぎているように私にも思える。

「ムトゥームとアルビーズとヌブールは、ひとつの地域と考えてもいいくらい密接した狭い地域にありますね。むしろ、アルビーズの森の先に墓地と村を作ったと考えた方が自然かもしれない。この場所が特別な場所だから、その先に墓地と村が作られたと考えても良いような気はします」
私がそう言うと、賢者さんもうなづいた。

「では、この森はなんなのかということになるのだけど、妖精のスプリガンが守っているのは、異なる世界への入り口があったり埋められた財宝があったりする場所なのよね」
ここに、なにかが隠されているのだろうか。そう思いながらあたりを見回している私に、賢者さんは言った。

「ノア・ストーンは1つではなかったのよ。かつてはもっとたくさんのノア・ストーンが存在していた。そして、それはどこかにまだ隠されていても不思議ではない」

オルヴァンを退治したスプリガンは、川の方へ走り去っていった。
あれが本当にそんな大事な役目を持った生き物なのだろうか。私には、醜悪な亜人にしか見えないのだけれど。

9月 4th, 2018 at 6:31 PM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink


身長計03

この記事は将来的に削除される可能性があります。

もうひとり増えました。

9月 3rd, 2018 at 7:53 PM | Comments & Trackbacks (0) | Permalink